ニューヨーク在住の男性が、飛行機のチケットを安く買うためのサイト“Skiplagged”を個人運営、航空券を安く購入する方法を紹介していました。

私もブログで格安航空券情報を紹介しているのでびっくりな話です。

航空券を安く購入する裏技を紹介した男性が航空会社から訴えられ、約900万円の賠償とサイトの閉鎖の訴訟に!

この男性が紹介してた内容は、、目的地である空港が途中の乗り継ぎ地になっている便を予約するというものです。
たとえばニューヨークからサンフランシスコへ行くのが目的なら、ニューヨークからレイクタホー行きで途中サンフランシスコで乗り継ぐ便を予約。

実際には予約したレイクタホーまでは乗らず、途中のサンフランシスコで降りるのです。

この方法は、必ず安くなるとは限らないのですが、かなりの割合で主要都市への直行便の運賃より安い便があるのです。

直行便より経由便の方が安い航空券で移動できる裏ワザの紹介ですね。

この方法では、荷物の預け入れは利用できず、往復チケットも不可で、マイレージも獲得できないなどマイナス要素もあります。

また、この方法は航空会社に禁止されている方法なのです。

この裏技をネットで紹介したことに対し、ユナイテッド航空とOrbitz(旅行代理店)は、このサイトのは禁止しているやりかたを促進させるものとして、失われた収益7万5000ドル(約900万円)の賠償と、サイトの閉鎖を求めて訴訟を起こしたのです。

サイトを運営している男性は、違法な行為をしているわけではないと主張、サイトも営利目的ではなく、航空会社の非効率的な部分を抽出して、旅行者の手助けをしたに過ぎないと述べています。

また、サイトを閉鎖しても、すぐ他の人が紹介するだろうとのコメント。

海外の航空会社の情報を紹介する際は、要注意ですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ United Airlines sues 22-year-old who found method for buying cheaper plane tickets


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None