福島県は、福島空港を「ウルトラマン空港」にするこを本格的に検討しているとの事です。

ウルトラマン空港

これは、東日本大震災からの復興、観光誘客の一環で、県民や地元市町村の意見、著作権などの課題を踏まえ判断されます。
福島空港は、ウルトラマンを生んだ故・円谷英二監督の出身地である須賀川市に立地することから、地元からは愛称の命名を期待する声が上がっていました。

これまでも。円谷プロダクションの協力でウルトラヒーローを展示したり、「ウルトラマン空港フェスタ」を開催したりするなどしています。

また、須賀川市では「ウルトラマン オリジナルナンバープレート」を今年1月より交付開始。

昨年5月には、ウルトラマンの故郷のM78星雲 光の国と姉妹都市提携をするなど、ウルトラマンを活用したまちおこしを積極的に行っています。

キャラクターを愛称に付けた例では鳥取県米子市の「米子鬼太郎空港(米子空港)」があります。

ウルトラマン空港なら、子供にも人気になるでしょうね。

詳細はこらでご確認ください。→ 福島空港をウルトラマン空港に 県が検討

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None