2013年に起きたJALのボーイング787型機のバッテリー出火問題の調査がやっと終了。

その最終報告書が公表されました。

これはTVのニュースでも流れていました。

米運輸安全委員会(NTSB)がは、ボーイング787型ドリームライナーのバッテリーが発火した問題で、原因は設計の欠陥にあったとの最終報告書を公表したのです。

NTSBの報告によると、GSユアサが製造したバッテリーを構成する八つの「セル」のうちの一つがショートし、セルが熱暴走。

2013年に起きたボーイング787型機のバッテリー出火問題は設計に欠陥、最終報告書を公表!

これによって可燃物がバッテリーケースの外部に排出され、出火につながったとしています。
また調査では、異物の存在や、欠陥を確実に検出することができない検査プロセスなど、ショートを引き起こしたとみられる設計・製造上の問題が複数見つかっています。

この出火は、2013年1月、アメリカ・ボストンの空港でJALのボーイング787型機で起きました。

その後、同月にANAのボーイング787型機でもバッテリーの異常が発生し、同機が緊急着陸する事故が起きています。

NTSBはボーイング社が行った安全性の確認検査にも不備があったと指摘し、GSユアサに対し、今後欠陥を早期に発見するため、従業員への訓練を行うことなどを勧告しました。

GSユアサは、F1チームなどにもバッテリーを供給している日本が世界に誇る会社のはずなのですが、一気にイメージダウンですね。

この件に対してJALは、ボーイング社によるバッテリーの改修で、三重の安全対策が機能しており、運航の安全性は確保されているとし、今後も787型機の運航を続けるとコメントしています。

詳細はこちらでご確認ください → B787機バッテリー発火、設計などに欠陥 最終報告

日テレNEWS24には動画のニュースが → B787出火 原因は電池設計上の「欠陥」

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None