これは、1970年代にニューギニアで発見された残骸をもとに、ロシアとアメリカでリバース・エンジニアリング手法でレストアされた本物の零戦。

第二次世界大戦で実際に闘った本物の零戦が、米国シアトルから 9月4日横浜港へ!

世界中に5機しかない飛行可能な零戦の1機との事です。

この零戦は、ゼロエンタープライズ・ジャパンの里帰りプロジェクトです。

今回、零戦22型「AI-112」が2014年9月4日に横浜港に到着すると発表されました。

ゼロエンタープライズ・ジャパンでは、機体を組み立てる前の状態での公開を行い、終戦70周年となる2015年に日本各地でイベントを開催し、永続的に日本で保管することを計画しています。
そして機体を維持するためのサポートクラブを設立し、メンバーを募っています。

日本では、永遠の0が映画として大ヒットしましたが、私はその数年前に本で読んでいます。

本を読み終わった後、国立科学博物館に展示されてるとの事で娘を連れて見に行きました。

展示されていたのは「零式艦上戦闘機二一型(A6M2b)」で、珍しい複座改造型でした。

今回日本に来る今回、零戦22型「AI-112」も横浜ならぜひ見に行きたいですね。

詳細はこちらのプレスリリースでご確認ください。→ ゼロエンタープライズ・ジャパン、「零戦」里帰り実現へ  9月4日横浜港に到着(予定)  ― 終戦70周年を迎える2015年に各種イベント開催 ―

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None