経営危機となってしまったスカイマーク、マレーシアのエアアジアが、経営支援を検討しているとの事です。

株式公開買い付け(TOB)を検討しているとの事なので、支援と言うより、買収のような気がしますが。

エアアジアは、今年7月1日に、日本での第二幕のスタートを宣言した、エアアジア・ジャパンを設立したばかり。
エアアジア・ジャパンには、楽天などが出資しており、社外取締役に楽天の三木谷浩史氏が就任しています。

この会社が支援するのですから、資金だけ出してくれるなんて考えられないですよね。

ニュースを見ると、エアアジアはスカイマークが36枠を保有する、羽田空港の発着枠を狙っているそうで、やはり経営権の取得も視野に入れていると出ていました。

スカイマークは、「当社において承知している事実及び同社より経営支援の打診を受けた事実はございません。」と、否定していますが。

エアアジア+楽天でスカイマークを買収すれば、第3の航空会社として期待出来そうに思いますが。

ここしばらくは、エアアジア+スカイマークに注目ですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ スカイマーク株がストップ高 エアアジアによる支援検討報道が材料に

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram