私が使っている電子マネーは、QUICPay・WAON・Suicaです。

コンビニなどで使っているのがQUICPay。

今年自動車税をnanacoで支払いをした時に、nanacoにQUICPay機能が追加できることを知り、QUICPay(nanaco)だとセブン-イレブンでの利用で200円1ポイントもらえるので、こちらのカードに変えました。

支払いは今までのまま、JALカードJCBでOKなので、こちらのほうがお得なのです。

WAONはイオンでの支払い用。

Suicaは、駅中での使用です。

Edyは、今まで使ったいなかったのですが、外出時にプロントを利用する事が増えたため、楽天カードにチャージしようとしたら、ファミマかサンクスに行かなくてはいけないので、PCでチャージできるように調べたのです。

楽天Edyのページで調べたら、「Edy Viewerのご利用には楽天Edyリーダーが必要です。」と出ているました。

私のノートPCはバイオなので、フェリカに対応しています。

ですが、楽天Edyリーダーが必要となっていたので、楽天Edyリーダーが必要を購入しました。

過去記事です。→ 楽天スーパーポイントからEdyへの交換、今なら3%増額中、8月1日まで!

買った後に気が付いたのです。

楽天Edyリーダーが必要1

商品はメール便出で着ました。

楽天Edyリーダーが必要4

USBメモリーみたいな感じです。

楽天Edyリーダーが必要2

デスクトップに差し込んだところです。

早速セッティング。
説明書を見ながらパソリリーダー外部機器(RC-S360/S)を選択。

Edy Viewerを開くと、思った通りで楽天Edy専用のものではなく、ソニーソフト。

なので、WAONやSuicaにも対応しています。

やはり、楽天Edyリーダーを買わなくても、felicaポート対応のPCであればそのまま対応できると思います。

また、ブラウザの問題もあったのです。

私は通常使うブラウザーの設定、Chromeにしているのですが、Chromeではチャージできませんでした。

Edy Viewer 4

これがChromeの画面です。

チャージのリンクがグレーになっていて押せません。

そのURLをコピーし、Explorerで開いたらチャージできました。

楽天Edyリーダーが必要3

こちらがExplorerの画面、チャージ(入金)のリンクが青くなっています。

これで、さらに現金の支払が減り、ポイントの取りこぼしが無くなりました。

これが今回購入した楽天Edyリーダー(USB型)です。


1,852円がムダだったように思います。

お使いのPCが、felicaポートに対応していないのなら、購入する価値はあると思います。

suicaの利用略歴が見れたりと、様々な電子マネー機能が使えるので。


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
Edy