ANAは、7月18日から、東京(羽田)-沖縄(那覇)線で深夜便「ANAギャラクシーフライト」の運航を始めました。

この「ANAギャラクシーフライト」は期間限定で通常の運賃と比べ半額程度と割安な設定なので、予約が殺到しています。

予約殺到のANAの深夜便「ギャラクシーフライト」!運賃は通常の半額程度、実はこんなカラクリが! 

羽田発深夜0:00-那覇着は2:30の「NH999便」、那覇発4:40-羽田着は7:00の「NH1000便」です。

NH999便なので、「銀河鉄道999」をもじり「ANAギャラクシーフライト」と名付けられました。

このギャラクシーフライト、にはカラクリがあるのです。
実は貨物便なのです。

ANAは那覇に航空貨物のハブ拠点を持っており、深夜のうちに全国の空港から貨物便が到着。

そこで集めた荷物を国内外に中継し、朝までに各地の空港へと戻っていくというモデルを確立しています。

この東京(羽田)-沖縄(那覇)の貨物便には旅客機が使われています。

この貨物便の空いている「座席」に乗客を乗せてればとの発想で生まれたのが「ANAギャラクシーフライト」です。

そのための不都合もあり、各便の乗客数は荷物の多寡に左右され、手荷物が預けられるのは1便あたり原則150席です。

ペットの預かりや他空港からの乗り継ぎチェックイン、ラウンジの利用、プレミアムクラスの販売などといった通常便で可能な一部のサービスも制限されます。

ですが価格が安くなれば人気でますよね。

もとから空席で飛ばしていた機材に人を乗せる訳ですから、価格を抑えられるのです。

機材は、ボーイング777‐300型機かボーイング787-8型機で運航。

詳細はこちらでご確認ください。→ 夏の沖縄を満喫しよう!東京-沖縄間深夜便が運航開始!

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
ANA