ANAは、ANAマイレージクラブのマイルをANAグループの格安空会社であるバニラエアの特典航空券に交換できる新たなサービスを導入すると発表しまた。

ANAのマイルで格安バニラエアが利用可能に!ANAマイレージクラブはバニラエアの特典航空券に交換できるサービスを開始!

交換の受付は、7月1日からはじまり、7月5日以降の便で利用できます。
せっかくANAで貯めたマイルなのだから、どうせならANAに乗りたいと思うでしょうが、特典航空券を獲得する為に必要なマイル数がバニラエアの特典航空券の方がお得なのです。

さらに国際線の利用だと、ANA便の場合は別途燃料サーチャージが必要となりますが、バニラエアならサーチャージが無料なのです。

ANAレギュラーシーズンの特典航空券とバニラエア特典航空券で、必要マイル数を比べてみました。

成田〜新千歳 
バニラエア 往復は10,000マイル、片道7,500マイル
ANA 往復15,000マイル、片道11,250マイル

成田〜那覇
バニラエア 往復12,000マイル、片道9,000マイル
ANA 往復18,000マイル、片道13,500マイル

成田〜奄美大島があるのはバニラエアだけですね。
バニラエア 往復10,000マイル、片道7,500マイル

成田〜仁川
バニラエア 往復15,000マイル
ANA 往復15,000マイル+別途燃油サーチャージ5,000円

成田〜台北
バニラエア 往復28,000マイル
ANA 往復20,000+別途燃油サーチャージ14,000円

※燃油サーチャージは、2014年7月、8月発券分の価格です。

バニラエアの方がお得ですよね。

特典の申申し込み方法は、バニラエア予約センターで電話のみの受付となっています。
営業時間は平日午前10時〜午後4時で、搭乗の4営業日前まで。

今回ANAマイレージクラブとバニラエアが提携しましたが、バニラエア便に搭乗してもANAのマイルはたまらないのでご注意ください。

詳細はANAのプレスリリースでご確認ください。→ マイル交換メニュ-に『バニラエア』の特典航空券が加わります。 

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None