ユナイテッド航空は、同社のマイレージプラスプログラムのサービス内容を2015年3月1日から改定すると発表しました。

ユナイテッド航空のマイレージプラスも、距離に応じたマイル積算を廃止へ!

マイルを獲得する方法が、飛行距離や予約クラス等に応じたマイル数から、購入した航空券の運賃額やユナイテッド航空の会員ステータスに基づいたマイル数に変更されるのです。
1ドルあたりのマイル積算数は一般会員の場合5マイルです。

それがプレミアステータス会員になるとより多くマイルがたまるのです。

プレミアシルバーは1ドルにつき7マイル、プレミアゴールドは8マイル、プレミアプラチナは9マイル、プレミア1Kは11マイル。

これと同様の仕組みは、すでにデルタ航空が2015年1月1日がら導入すると発表しています。

割安な航空券を利用する場合は現行制度の方が多くマイルがたまりますが、ビジネス利用での割引の少ない航空券の購入や、ビジネスクラスなどの上級クラスの利用、プレミアステータス会員に方などはこの新しいマイル積算モデルの方が多くたまるのです。

一般旅行客より、ビジネス利用の方に指名してもらうのは目的の改訂なのでしょうね。

その方が航空会社としては利益率が高いので。

詳細はこちらでご確認ください。→ 2015マイレージプログラム

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 タグ
None