カード申込やネットで商品を購入するならポイントサイト経由!

これでもらえるポイントは凄く大きいです。

高ポイントがもらえる案件を調べてみました。

ポイントタウンから、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードを申し込むと、今なら200,000ptもらえます。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ライフマイル経由で申し込むと、105,000ptです。



このポイントをANAマイルへ以降した場合、何マイルになるのかを[ポイ探]で調べてみました。
ポイントタウンからそのままではANAに移行できません。
ポイントタウン200,000⇒PeX100,000⇒東京メトロ100,000⇒ANA6,000
ポイントタウンの200,000ptは、ANA6,000マイルとなります。

これがライフマイルだと、ノーマル会員でそのまま移行すると、ANA2,976マイル。
ポイントタウン同様にPeX⇒東京メトロを経由すると、ANA6,000マイルになります。(5000ptは端数となります)

ですが、ライフマイルのプラチナ会員になると、ANA10,500マイルになります。
ポイントタウンのポイントは20ポイントが1円ですがライフマイルは20ポイント1円。

ポイントサイト経由でポイントを稼ぐ場合は1ポイントの価値を理解していないと失敗してしまいますね。

商品購入で1%還元と、100円で5ポイント還元だけではどちらがお得なのか解りにくいですから。

クレジットカード発行はさらに要注意です。

カード発行時に条件がある場合があり見落としがちなのです。

私は過去2回も、申し込んだはずのポイントサイトで無効になり、他のサイトで有効になった経験があります。

それはイオンカードとデルタカードです。

どちらも過去に同ブランドのカード申し込みがあった場合は無効とのことでしたが、げん玉で有効になりました。

げん玉は、毎日ゲームやポイントの森をクリックをしているので、知らないうちにカード申し込みをクリックしていて救済されたのです。

これは単に運が良かっただけなのですが、2回もげん玉に救われました。

最近注目されているポイントサイトは、ハピタスですね。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタスは、1ポイント1円の価値なので解りやすいです。

ですがそれが理由なの?

ハピタスを調べてみました。

ハピタス利用者のランキング

第1位 楽天市場 商品購入で1%
第2位 ヤフオク 商品落札で1%
第3位 Amazon ポイント対象外ですがランクが上がります。
第4位 Yahoo!ショッピング 商品購入で1%
第5位 楽天ブックス 商品購入で1.5%

楽天ブックスが、商品購入で1.5%と、他のポイントサイトより還元率がいいのです。

また、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)申込で 7,800pt!

ANAマイルへポイントを移行するのにANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)が重要になっているのです。

なので、ハピタス経由でANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)を申し込む人が増えているのが一番の理由のようです。

年会費、初年度無料で通常 1,100ptもらえるのが 7,800ptに増えていました!

他にも、

JMBローソンPontaカードVisa 6,000pt

楽天カード 1,300pt + 宝くじ交換券10枚

ANA VISAカード/ANA VISA Suicaカード 2,500pt

イオンカード(WAON一体型)7,000pt

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス(R)・カード 12,000pt

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)7,800pt

JALカード TOP&ClubQ 8,000pt

ポイントサイトは複数サイトを有効に使い、賢くマイルをためたいですね。

ハピタス、確認してみてください。↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None