これは、国土交通省が発表した2013年10月〜12月の遅延率です。

遅延率とは、出発予定時刻より15分以上遅れて出発した便のことです。

その他、機材繰り、機材故障、天候と項目が4個あるのですがどの項目を見てもバニラエアが1位です。

バニラエア遅延率は驚き

特に、天候で遅れることは各社とも0.1〜0.54の間なのですが、バニラエアだけは8.33%と一桁多いのです。
往復便だと、行きか帰りか、どちらかが15分以上遅れ可能性が高いと言うことですね。

それにしても1社だけこの数字では酷すぎですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係る情報公開(平成25年10~12月)


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None