スカイマークは、昨年12月11日にフランス南部のトゥールーズにあるエアバス社本社で新制服を発表しました。

新制服は、青いミニスカートのワンピースと帽子、黄色いスカーフ。

スカイマーク新制服

20代の客室乗務員が中心に乗務し、「若さ」を強調する殿発表でした

これはネットでも話題になりましたよね。

このミニスカ効果なのか、導入初日の早割りほぼ完売です。

ですが、スカイマークの客室乗務員(CA)でつくる団体は「迷惑行為を誘発しかねない」と見直しを求める「見解」を発表し、真剣に問題視しているのです。
航空法では「機内の秩序を乱す行為、性的嫌がらせ」が機内で禁じられている「安全阻害行為」にあたるとして、「これらの行為を未然に防ぐことも客室乗務員の任務とされていますが、その迷惑行為等を誘発しかねないデザインであるとの危惧を持たざるを得ません」と、制服をきっかけにセクハラが発生するリスクを指摘しているのです。

「スカート丈が短いと人目を気にしながら乗務せねばならず、保安任務に集中できない。緊急時にシューター(滑り台)を降りる際にケガをするリスクも高まる」
と、保安上も不適切だと話しています。

2月25日には国土交通省に申し入れを行い、スカイマークに直接申し入れるかは検討中とのことです。

この制服はたしかにインパクトありますが、社内で客室乗務員たちからの文句が出ずによく決まったと思っていたのですが。

大々的に発表して、世界的に話題になってていますから、いまさミニではなくなりましたなんてことは出来ないですから、このまま新制服デビューとなると思いますが、一波乱ありそうですね。

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None