スターフライヤーとANAは、2014年2月1日より、両社の共同運航(コードシェア)便を拡大します。

スターフライヤーが1日10往復運航している羽田-福岡線でコードシェアを行うのです。

便名が200番台の場合はANA運航便、3800番台の場合はANA便名が付与されたスターフライヤー運航によるコードシェア便となります。

スターフライヤーとANA 

ですが、このコードシェア、注意点があるのです。
ANA運航便は第2ターミナルからの出発なのですが、便名3800番台のスターフライヤー運航によるコードシェア便は、JALなどが主に使用する第1ターミナルからの出発になるのです。

な~んだ、ターミナルを間違えないでという注意と思わないでください。

ANA上級会員は第1ターミナルになってしまうので、ラウンジが利用できなくなるのです。

クレジットカードのラウンジなら使えるでしょうが、これでは意味ないですね。

詳細はANAのプレスリリースでご確認ください。→ ANAとSFJの提携がさらに広がります!


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ