これは2013年9月26日に起きた事故です。

ユナイテッド航空1603便(ヒューストン発シアトル行き)で、フライト中に、Henry Skillern機長が心臓発作を起こしたのです。

ユナイテッド航空の63歳の機長がフライト中に心臓発作で死亡
同機はアイダホ州ボイシの空港に緊急着陸し、機長は病院に運ばれたのですが死亡しました。

機長は63歳でした。

ここには問題があり、機長の定年が60歳から65歳に引き上げられていたのですね。

この事故の影響で、定年時期についての議論が再燃するのではとCNNがコメントをしています。

他の職業とは違い、パイロットのミスがあれば大事故につながるので難しい問題ですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ Pilot's deadly in-flight heart attack threatens to renew age debate
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None