エアアジア・ジャパンの新ブランド名が公開されました。

「バニラ・エア」です。

Vanilla Air 

この新ブランドは、「シンプル」、「エクセレント」、「ニューベーシック」の3つをテーマに策定されました。

シンプルで高品質なサービスを提供という意味ですね。
路線展開は、成田を拠点とする片道4時間以内の国際線で、リゾート路線が中心のようです。

リゾート路線が中心という事はビジネスマンがターゲットではなく、レジャーで利用する私たちがターゲットという事ですよね。

気になる機材はエアバスA320型機で、ANAHDからのリース導入だそうです。

当初は2機で運航を開始、14年3月末に5機、15年度に10機体制を目指すとのことです。

バニラ・エアの社長は、8月1日付でWAJの新社長に就任した、全日本空輸(ANA)出身で元エア・ドゥ(ADO)の石井知祥氏が引き続きを務めます。

これからの客層は老若男女。日本の品質に合わせるサービスにしたい」と、石井社長は意気込みを語りました。

さらに気になるお値段ですが、運賃は大手の半額が目標のようです。

また、エアアジア・ジャパンで大不評だったウェブ上の予約システムも、航空券の販売開始までに日本市場にマッチしたシステムを導入するとの事でした。

会見終了後に、新ブランド「バニラ・エア」の社長になる石井知祥氏は「絶対に成功させます」との発言。

この言葉通りに、低価格でも満足のいくサービスを提供して欲しいですね。

こちらは、『Vanilla Air』公式Facebookページです。


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram