パンナムといっても、これはパイロット訓練会社です。

ANAがパンナムを買収 

名前の通り、このパンナムは、1980年にパンアメリカン航空のパイロット訓練部門として設立された会社です。

パンアメリカン航空の破綻後も、独立系の訓練提供会社として事業を継続していたのですね。

ANAは、このパンナム・ホールディングスと、パンナム・インターナショナル・フライト・アカデミーを含むその子会社の全株式を買収するのです。
株式はアメリカン・キャピタルと同社の関連会社が運用する投資ファンド、その他パンナム株主から1億3950万USドル(約137億円)で取得します。

今回の株式取得により、高品質な訓練プログラムを提供するノウハウ、強固な事業プラットフォームを獲得することで、ANAグループのパイロット訓練事業を強化。

加えて、特にアジア市場で、今後飛躍的な増加が見込まれるパイロット養成需要を早期に取り込むことが可能となり、ANAグループの訓練事業のグローバル展開を加速化させるのです。

今回のパンナムへの戦略的投資を通じて、ANAグループは航空関連ビジネスを拡大し、収益ドメインの多様化を進めるのですね。

LCC(格安航空会社)にも積極的だし、今やJALを完全に超えていますね。

2009年3月の保有機数を見ると、JAL279機に対しANAは213機でした。

それが2013年3月の保有機数だと、JAL216機に対しANAは230機ですから。

詳細はこちらでご確認ください。→ ANA、パイロット訓練会社を買収…訓練プログラム強化

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None