東京都墨田区の東京スカイツリー(高さ634メートル)から100~200メートルの距離のところで1月下旬、住宅のベランダのプラスチック屋根など3カ所が破損していたことが、事業主体の東武タワースカイツリー社への取材で14日分かったそうです。

いずれも塔についた雪が塊になって落ちた影響とみられています。

損傷は軽微で、けが人はなかったそうです。

防災科学技術研究所・雪氷防災研究センターの佐藤威センター長は「雪の塊が落ちた時の衝撃は密度や大きさなどによるが、プラスチックによって強度は異なり、今回の衝撃力ははっきりしない。

高い所でどのくらい雪がつき、氷になるか検証を続ける必要がある」と話しています。

東武タワー社によると、破損したのはほかに、倉庫の屋根と車の背面ドアの一部。

いずれもプラスチック製で、割れたり、ひびが入ったりしたそうです。

住民の連絡で分かり、修理などに応じているということです。

オープンはもうすぐです。

開業したら大勢の観光客ら連日訪れます。

そうなると今は誰も居ないところの落ちていた雪の塊、観光客の上に落ちるかもしれません。

来年の冬問題起きそうですね。

JAL日本航空 JMB WAON
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None