いま格安航空(LCC)「エアアジアX」の広告がサラリーマンの間で話題です。

「東京から毎日運航」「クアラルンプールまで片道9000円」といった内容なのですが、目を引いたのはズラリと並んだ美女たちです。

妖艶なアジアンビューティーがキャビンアテンダントの姿を披露しています。

これはモデルではなく全員、現役のキャビンアテンダントなのです。

この価格なのに、これほど魅力的なキャビンアテンダントが揃っているのはなぜ?

航空関係者による回答も、「LCCの客室乗務員は美形が多い」という事です。

それにはこんな理由があったのです!

デルタなら修行をしなくてもカードを作るだけで上級会員になれます!

「業界では“ノンフリル”と呼びますが、LCCは機内食や映画などのエンターテインメントのサービスがないのです。

つまり、接客が少ないので、言葉づかいや所作はそれほど重要ではないのです。

見た目が勝負なのです!

またLCCは中小型機なので、身長が低くても採用されます。

大型機を導入する大手は、手荷物を入れる場所が座席の上にある関係から、背が低い女性は採用されません。

その分、LCCは顔を重視するのです。

採用基準にも秘密があるのです。

某LCCは高卒でも採用します。

しかし大手航空会社は大卒以上が一般的です。

つまり10代後半のキャビンアテンダントが存在するのはLCCだけなのです。

しかも20倍、30倍の狭き門を突破した美女ぞろい。

運賃が安いうえ美人CAが多いLCC。

大手航空会社が苦戦する理由はこんな所にもあるのではないでしょうか。
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None