私も買い物やアンケートの回答、メールマガジンのクリックなので毎日貯めている「ポイント」。

このポイントは、実店舗やインターネットで多数乱立していますね。

ポイントを貯める条件は、「購買」「来店」「ゲームへの参加」などその様々です。

ですがこれだけポイントの種類や用途が多様化してくると管理が難しくなり、混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。

このポイントの利用状況について20代から40代の有職者でポインを利用している男女に調査が実施されていました。

1108名の回答結果が公開されていたのですが、意外な回答というか解る気もする回答でした。

貯めているポイント「管理しきれない」82.5%

ポイントが貯まるカードを所有している1072名に、家に置いてあるものを含めて何枚のカードを持っているかを聞いたところ、男性では「3枚未満(24.7%)」が最多。

女性で最も多かったのは「5~6枚(20.6%)」で、「31枚以上」のカードを保有している人も4.8%存在しています。

また、ポイントサービスを利用している店舗は「家電量販店(80.8%)」が2位の「スーパー・百貨店・コンビニ(63.4%)」に17.4ポイントの差をつけてトップとなったそうです(複数回答)。

私はというと、ポイントが貯まるカード10枚以上あります。

ネットのポイントサービスも利用者が多く、全体では78.7%と8割近いそうです。

利用サイトは楽天市場などの「ネットショッピングサイト(94.7%)」が最多。

モバゲータウン、mixi などの「ゲーム・SNS サイト」は20代(11.6%)の利用率が高く、40代(5.3%)の2倍以上となっています(複数回答)。

ネットショッピングユーザーの増加や SNS サイトの台頭により、ユーザーの利用しているポイントも実店舗からネットの世界まで広がってきているようです。

ネットでポイントサービスを利用していますか?

上手に利用するとメリットがあるポイントサービスですが、全体の82.5%が管理しきれていないポイントが『ある』(「たくさんある」と「少しある」の合算)と回答。

また、82.7%の人が、交換方法の目的を決めずに貯めているポイントが『ある』(「たくさんある」と「少しある」の合算)としています。

一方、携帯電話・スマートフォンに内蔵されている「おサイフケータイ」を上手に利用すれば、持ち歩くカード枚数を減らしたり、ポイントを効率よく貯めることも可能な場合があり、その利用状況はどうなのでしょうか。

おサイフケータイの利用者は女性(19.8%)よりも男性(31.5%)の方が多く、11.7ポイントの差が見られたそうです。

おサイフケータイを利用するとき、ポイントが貯まることを「意識している」のは全体の58.5%。

男性では6割を超えています

。おサイフケータイのポイントに関しては女性(54.3%)よりも男性(60.5%)の方が意識的に利用していることがわかったそうです。

そして、全体の86.5%、女性の89.0%が「ポイントに疲れた」とのことだそうです。

ポイントに対してめんどう・疲れると思うことが『ある』(「よくある」と「たまにある」の合算)のは86.5%。

女性では9割近い89.0%が"ポイント疲れ"しているそうです。

具体的にどのようなところに"ポイント疲れ"をするのかを複数回答で聞いたところ、「カードの枚数が多すぎて財布がふくれる(65.8%)」、「有効期限がわからなくなる・忘れる(61.9%)」、「使うときにカードを持ち忘れていることがある(58.6%)」が上位です。

また、男性(33.4%)は女性(27.3%)に比べ、「効率的なポイントの貯め方が分からない」との回答が多めとなっています。

また、78.2%の人が、ポイントサービスが乱立し過ぎていて自分に最適なものはどれかわからなくなることが『ある』(「よくある」と「たまにある」の合算)と回答。

8割近くの人が、自分に本当に必要なポイントサービスを取捨選択できない"ポイント難民"のような状態になっているようです。

私がポイントを管理しているのは[ポイ探] ポイント探検倶楽部です。

このようなサイトに情報を登録すれば、ポイントの有効期限が近づくと案内が出ます。

また、ポイントの以降ルートや様々な情報も出ているので、このようなサイトを有効に使うことが複数のポイントを集めるためには必用ですね。


●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 タグ
None