今また、原油価格が高騰しています。

やはりというかANAも値上げで、ハワイの値段しか見ていませんがJALと同額の22,000円になってしまいました。

これがもし1ドル125円だったら、33,000円くらいになっていたかもしれませんね。

燃油サーチャージ改定額(2011年4月1日発券分~)
日本/欧州、北米(ハワイ除く)、中東線 14000円/17500円
日本/ハワイ、インド、インドネシア線 8500円/11000円
日本/タイ、シンガポール、マレーシア線 6500円/8500円
日本/ベトナム、フィリピン、サイパン線 4000円/5000円
日本/香港、中国線 3500円/4500円
日本/中国線 2500円/4500円
日本/韓国線 1000円/1500円

以下ANA プレスリリースからの引用です。

国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を改定

ANAグループは、本日2011年2月23日(水)、2011年4月1日(金)以降の航空券ご購入分の国際線旅客「燃油特別付加運賃(いわゆる燃油サーチャージ)」の改定を国土交通省に申請いたしました。

ANAグループでは、燃油特別付加運賃額を2カ月ごとに固定するとともに、申請時点における直近2カ月の航空燃料市場価格の平均に基づいて見直すこととしております。今般、2010年12月から2011年1月のシンガポールケロシン市場価格の2カ月平均が1バレルあたり106.60米ドルとなったことを受け、2011年4月以降の燃油特別付加運賃額を改定いたします。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


燃油特別付加運賃額 設定の概要

1.適用期間 : 2011年4月1日(金)以降の航空券発券分より

2.運賃額  : 次の運賃を日本発の国際線区間に適用(1旅客1区間片道あたり)

詳細はプレスリリースでご確認ください。→ 国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」を改定
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None