楽天と楽天グループのビットワレットは、「おサイフケータイ」機能を搭載した従来型の携帯の両社の基幹アプリを統合し、2月16日から楽天ユーザーを対象に新たに「楽天 Edy アプリ」サービスを開始する、と発表しました。

「楽天 Edy アプリ」は、無料の携帯専用のアプリで、楽天ユーザーは、新アプリをダウンロードし、その携帯端末で Edy を利用できるものです。

楽天スーパーポイントを貯める設定ができ、楽天市場や楽天トラベルなどで開催される Edy のキャンペーン情報なども閲覧できます。

楽天は、2008年7月に携帯専用「楽天アプリ」を開発し、携帯端末の Edy 利用金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まるサービスを行ってきました。

一方、ビットワレットは、2004年7月から携帯専用「Edy アプリ」の配布を開始し、楽天スーパーポイントや ANA のマイルなどが貯められるサービスなどを展開してきましたた。

ですがビットワレットが2010年1月より楽天グループ入りしたことから、ユーザーの利便性向上を目指し、「楽天アプリ」と「Edy アプリ」を統合し、楽天ユーザーを対象とした新アプリのサービスを開始するとのことです。

なお、従来の「楽天アプリ」ユーザーは、新アプリのダウンロードが必要となります。

また、楽天スーパーポイント以外のポイント(マイル)を貯めている「Edy アプリ」ユーザーには、引き続き「Edy アプリ」としてサービスが継続されます。

私的には同じグループになったので、楽天ポイントもEdyも同じ電子マネーにし、楽天銀行のお金もみな同じにしてくれたほうが便利だと思うのですが。

なので、楽天銀行に預金し、ANAのマイレージにも現金も移行できるようになればということですね。

すでにポイントやマイルの電子マネーと近い存在なので。

詳細はこちらでご確認ください。→ 楽天、「楽天アプリ」と「Edy アプリ」を統合した「楽天 Edy アプリ」サービスを開始

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None