ボーイングの最新ジャンボ?

ジャンボはもうなくなったと思っていたのですが進化していたのですね。

米航空機大手ボーイング(Boeing)は、最新型ジャンボジェット旅客機「747-8インターコンチネンタル(747-8 Intercontinental)」を米ワシントン(Washington)州エバレット(Everett)の同社工場で初披露しました。

従来機のブルーではなく、アジア文化を意識して繁栄と幸運を意味する赤とオレンジを取り入れた斬新な配色が目を引く機体は、全長がこれまでより長くなり、座席・貨物スペースが広がったそうです。

同社旅客機としては最大ですが、エンジン音は小さく、燃費も向上したということです。

座席数はボーイングでは最大の467席。

ライバルの欧州航空機大手エアバス(Airbus)の超大型旅客機A380の525座席には及びませんが、1座席あたりのコストは6%低く抑えたということです。

詳細はこちらでご確認ください。→ ボーイング、最新ジャンボ「747-8」を初披露、大きめの窓が特徴
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None