デルタ航空(DL)は2011年夏から、日本を含む全ての国際線長距離路線でプレミアムエコノミー座席「エコノミーコンフォート」を導入する計画だそうです。

これはDLが総額20億ドル以上かけて2013年までに実施する、機材や機内設備、空港設備への投資計画の一環です。

合計160機以上のボーイングB747型機、B757型機、B767型機、777型機、エアバスA330型機に導入する予定だそうです。

エコノミーコンフォートは、これまでのDLの標準的な国際線エコノミークラスの座席より足元が最大で4インチ広くなり、リクライニング角度は1.5倍になります。

エコノミークラスの最前部に数列分を設置する計画だそうです。

エコノミークラス航空券購入者は、片道80ドルから160ドルの追加料金を払うことでエコノミーコンフォートにアップグレード可能とのことです。

また、正規運賃のエコノミークラス航空券の購入者は無料でアップグレード可能だ。マイレージプログラム「スカイマイル」の上級会員「メダリオン」のダイヤモンド、もしくはプラチナメダリオン会員の場合は、特典として追加料金なしで選択でき、同一の予約記録を持つ同行者最大8名までは同じ特典が適応されます。

予約受付は5月初旬から、ウェブサイトや予約センターで開始する予定だそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ デルタ航空、国際線長距離路線にプレミアムエコノミー座席導入-11年夏から
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None