クレジットカードの返済は要注意!100円の支払いの遅れるで住宅ローンの審査に落ちる可能性が?

勤め先は大手で年収は平均以上。

借金もない。

そんな人が家を買おうとしたら住宅ローンの審査に落ちた。

こんな話が実際にあるようなのです。

この方の話だと、思い当たるのは、1度だけカードの支払いが遅れた事だそうです。

クレジットカードの分割払いも割賦という名の借金なのです。

たとえ少額でも支払いが遅れる問題になるのだそうです。

そうした個人の信用情報を管理しているのはKSCやCIC、JICCといった信用情報機関だそうです。

一般的には3回連続して延滞したり、長期間延滞すると“事故情報”として登録されるそうです。

これに登録されてしまうと“ブラックリストに載る”という状態になるのです。

事故情報が登録されてしまっている人は住宅ローンの審査にまず通らないそうです。

事故情報は5年間登録されるので、最低5年間はローンを組めない可能性が高いとのことです。

これは海外でのクレジットカードスコア(だったと思うのですが)と同様で、海外では就職の時などもこのスコアを調べられると聞いたことがあります。

たかがコンビニで100円の支払い。

なんて甘く考えているととんでもない目に会います。

金額ではなく信用です。

私が以前センチュリオンカードを持てたのも、過去一度も支払いの遅れがなかったのが影響しているのでしょうね。
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 タグ
None