ANA(全日本空輸)は、2月3日から3月末の日本発の米国直行便を通常料金より最大で約30万円も安い運賃で販売すると発表ました。

米航空大手のユナイテッド航空、コンチネンタル航空の両社と4月1日から始める共同事業のメリットを、いち早く浸透させるのが狙いだそうです。

対象路線は全日空とユナイテッドが運航する成田-ロサンゼルスや、コンチネンタルが運航する成田-ヒューストンなど計9路線です。

成田-ロサンゼルス便の場合、平日の往復利用で最も高い通常料金と比べて約30万円安い6万8400円(1月中に購入する場合は6万1400円)です。

ANA国際線特典航空券で、獲得するにはどのくらいのマイルが必用か見てみました。
東京⇔ロサンゼルスL(ローシーズン)1/11~2/28なら40,000マイル、R(レギュラーシーズン)3/1~3/31だと50,000マイルです。

飛行機に乗って貯めたマイルならば問題ないですが、陸で貯めたマイルだとどうでしょうか?

ANAカードで貯めたポイントは基本1ポイント→1マイルなので問題ないですね。

ですがTポイントなど他のポイントサイトから移行した場合は500ポイントが250マイルなど半減する場合が多いのです。

楽天ポイントだと楽天で10,000円として使えるポイントがANA5,000マイルになってしまいます。

なので40,000マイルなら80,000円分のポイントとなります。

これなら楽天トラベルで海外航空券を購入したほうがお得かもしれません。

特典航空券ではないので、その航空券購入でまたマイレージを獲得できるかもしれないので。

どちらがお得か、考えてからマイレージに移行しましょうね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 全日空、米国便最大30万円割引き
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
ANA