私はいつも飛行機にのるときに誰も座ってない座席の写真をとろうとカメラ持っていくのですが、いつもCAさんに電子機器の使用はおやめくださいと注意されていました。

ですがこれ、OKになるのです。

国土交通省は、航空機の安全な運航を確保できないとして機内での使用が全面的に禁止されてきた携帯電話などの電子機器について、4月以降、乗客の乗り降りの際などに使用を認める方針を固めたそうです。

なので、乗客の乗り降りの際は堂々と使用できるようになるのです。

航空法の告示を改正すされるのでする。

航空会社によっては、改正告示が施行され次第、携帯電話での出発・到着の連絡やパソコンでの電子メールの送受信などが可能になるとのことです。

国交省によると、電子機器使用を一部解禁するのは4月1日から。

離陸前に航空機のドアが閉まった後は、着陸後にドアが開くまで、これまで通りに電子機器の使用はが禁止されます。

現在、使用時に電波を出す携帯電話やパソコンなどの電子機器は、航空機のコンピューターシステムに誤作動を起こす要因になるとして機内での使用が禁止されており、電源も切らなければならないのでした。

ですが、乗客からは機内での利用を認めるよう求める声が強かったのです。

また、欧米では着陸と同時に使用を解禁するところもあり、国交省で安全性を検証。

その結果、機体停止中に限り、電子機器を使用しても安全性が確保できると確認したそうです。

ですが実際には一部使用を解禁するかどうかの判断は航空会社が行うのです。

国交省の方針について、ANA(全日本空輸)は「これまでは日本だけ規制が厳しい状態だった。

できるだけ早く解禁したい」としており、4月1日以降の使用を認める方針だそうです。
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ