これは実際にアメリカで起きた話です。

この事については賛否両論分かれています。

ちなみに私は賛成派です。

先日もセブンいに行くと中学生の男女がたむろしていました。

私は缶チューハイを買いに行ったのですがそのドアの前アタリにいてどかないのです。

こいつを殴ってもいいのでしょうか?

そんな思いでしたが、もし殴ったら犯罪だし、こんな子どもの親はどんな親かわかりません。

その親に海老さん状態にされたりなんてくだらないことを考えてしまいました。

話がそれましたね。

飛行機に乗ると流れてくるあのお決まりのアナウンス「離着陸時には携帯電話を始め、あらゆる電子機器の電源をお切りください」。

そもそもどれほど電子機器の利用が本当に航空機の安全運航の妨げになるのかという問題は別にしても、決まりごとなので皆さん守っていますよね。

こんなことで飛行機が落ちるのか、なんて思っていても社会のルールなので。

ですがきちんと守らない人がいるのです。

で、ついに事件が起きてしまいました。

ラスベガス発のフライトでフライトアテンダントからの要請も無視してiPhoneを使い続けている15歳の少年を見かねた68歳の男性のラッセルさんは「おい、お前、いいかげんにせんか!」と鉄拳制裁。

アザが残るほど殴り倒して機内で大騒動になり、着陸後に速攻で逮捕されてしまいました。

ただし、この事件の現場に居合わせた他の乗客の間でも、今回のケースにはいろいろな感想が飛び交っているようです。

もちろん手を出したラッセルさんの暴力行為は決して褒められるべきものではないことですが、機内でアナウンスに従おうともしない少年はお咎めなしでいいのでしょうか? 

この少年だって、本当に携帯電話を切らずに運航すると危険なのならば飛行機になんか乗せるべきではないでしょう? 

そんな意見も多数出てきてるみたいです。

なにはともあれ楽しい空の旅にするためにも、機内では喧嘩なんかせずにマナーを守って飛行機に乗るのが一番ですね。

原文はこちらです。→ Cops: Man punches teen on flight during iPhone kerfuffle
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None