東海道新幹線の代替路線の確保を急ぐJR東海は、政治介入を避けながら早期に開業しようと、8兆円もの建設費を自力で工面するのです。

開業は関西3空港にとっては大打撃。交通機関の勢力図も変わります。

東京―名古屋間をほぼ直線で結ぶ「南アルプスルート」での建設で、来春に最終答申を出し、国交相がJR東海に建設を指示する見通しです。

環境影響評価を実施後、2014年度の着工を目指すそうです。

しかしながら、次世代リニアモーターカーに乗れる日が来るのはまだまだ先ですね。

本営業の方は、早くても2020年と言われています。

ですが、2014年ごろ?

お金を払えば誰でも試乗できる日がやってきそうなのです。

これは本営業の前のテスト車両に試乗できるのようになりそうなのです。

次世代リニアモーターカーのL0系で、時速500kmを体験できるのです!

遊園地のジェットコースターの感覚でしょうか?

東京スカイツリーも完成前の今すでに大人気です。

次世代リニアモーターカーも建設費を自力で工面するので、資金が必要!

テスト車両、遊ばせないで営業で使えばけっこう稼げるのではないでしょうか。

詳細はこちらでご確認ください。→ リニア計画ゴーサイン JR東海、政治介入避け自力建設

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None