ANA(全日本空輸)全日本空輸が設立する格安航空会社(LCC)の本社は関西空港島に置かれるそうです。

関空のビルには空き室も目立ち、関西国際空港会社の業績にも好影響を与えそうだとのことです。

ANA(全日本空輸)は来年1月上旬にもLCCを正式に設立し、社名や新社長、人員などの体制を発表するとのことです。

すでに12月半ばなので、残り一ヶ月です。

すでにいろいろ決まっているのでしょうね。

本社については東京都内での設置も検討されたようですが、効率的に業務をこなしてコスト削減を図るために空港内に置いた方がいいと判断したそうです。

関空会社は、LCC専用のターミナルを2期島内に建設する予定。

このためLCCの本社も2期島に近い1期島の北側のビルで調整しているそうです。

ANA(全日本空輸)によると、2011年度の後半に関空を拠点とした路線網でスタート。

当初は小型機5機ほどで始め、14年ごろには15~20機を使い、年間約600万人の利用客を見込んでいるそうです。

本社機能も就航路線や便数と共に拡充していく方針だそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 全日空がつくる格安航空、本社は関空へ
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None