世界初の「フェラーリ」をテーマにしたレジャー施設がアブダビに完成しました。

イタリアの高級スポーツ車メーカーで自動車レースF1にも参戦する「フェラーリ」をテーマにした世界初のレジャー施設がアブダビに完成し、報道関係者らに公開されました。

フェラーリのルカ・ディ・モンテゼモロ会長によると、当初同日に予定されていた開園日は、王族であるSaqr bin Mohammad al-Qassimi氏が死去したことを受け、若干延期されたとのことです。

同施設は、屋内型テーマパークとしては世界最大ということです。

「フェラーリ」は、このような形で車を売る以外でも稼いでいるのです。

以前日本でもドーム0だか名前忘れてしまいましたがスーパーカーが発表されました。

けっきょく市販化はされませんでしたが、ミニカーやプラモデルなどのキャラクターとして相当印税が入ったと聞いたことがあります。

「フェラーリ」は、PCや時計、あらゆるものがあります。

なので、このブランドの印税でF1の資金稼げているのではないでしょうか!

あと少しですが私はアロンソを応援しています!

詳細はこちらでご確認ください。→ 世界初「フェラーリ」のテーマパークがアブダビに完成
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None