羽田空港の新国際線ターミナルが開業し、都心からの海外旅行がより手軽になると期待が集まっています。

成田と比べた時の一番の特徴は、やはり都心との近さです。

モノレールは国際線ターミナルと浜松町とを間を最速13分で結び、モノレールの改札口からチェックインカウンターまでは1分もかからないのです。

このことから、「金曜日の仕事が終わってから羽田に直行し、週末を海外で過ごし、月曜早朝の便で羽田に帰国。

そのまま出勤する」というスタイルの「週末海外旅行」が注目を集めています。

ですが、旅行各社のツアーや各航空会社が出している割引チケットの価格を見ると、羽田発着の便の方が、成田発着よりも往復で8000円~1万円程度割高に設定されているのです。

都心から各空港に向かう運賃を考慮したとしても(東京駅から成田空港は成田エクスプレスを使った場合往復5880円なのに対して、羽田空港まではモノレール経由で1240円)、トータルで見ても3000円~5000円程度、成田空港の方が割安です。

せっかく便利になっても羽田は「カネで時間を買う」形になっています。

国際線の発着枠は13年度にさらに増える見通しですが、それまでは「帯に短し、たすきに長し」に近い状況が続きますね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 「週末海外旅行」どう楽しむか 羽田再拡張で「安・近・短」
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None