またもやイギリスからブリスベーン行きの飛行機が遅れる騒ぎがありました。

その理由はこっそり乗客が持ち込んだハムスターが原因で、機内の何処かに逃げてしまったそうです。

たかがそんなこととお思いでしょうが、機内にいた乗客は全員降ろされることになってしまったそうです。

その間に乗務員たちがせっせと逃げ惑うハムスターを追い掛け回すこととなりました。

航空会社側は、どのようにしてハムスターが機内に持ち込まれたかは伝えていませんが、ある客の証言によると、航空会社が持ち主を探していたときに小さな女の子が泣いていたとのことです。

この小さな動物の捜索には1時間を要し、見つかった後に機内を消毒して再び乗客を乗せたわけですが、その時はさすがに厳重な荷物検査が行われたそうです。

こう言った不正規に動物を飛行機に乗せてしまう人は後を絶たないそうです。

以前も乗客が持ち込んだワニが機内に現れ、パニック騒ぎになり、パイロットを含む20人が死亡する大惨事になっています。

ささいなことのようで、機内では大惨事に繋がる可能性があるので、ちゃんとルールは守りましょう。

詳細はらばQでご確認ください。→ 飛行機内でハムスターの逃走劇…乗客全員降ろされることに
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None