羽田空港で新国際線ターミナルと新滑走路の運用が始まり、新しい国際空港としてのスタートが切られました。

注目は、12月に羽田~クアラルンプール間で就航を予定しているアジア最大の格安航空会社、エア・アジアX(マレーシア)です。

キャンペーン価格ながら、片道が最低5,000円という価格破壊ぶり。

キャンペーン価格でなくても片道1万~15,000円程度と衝撃の運賃設定になっています。

国内の航空会社大手の成田~クアラルンプール間の正規料金はもっとも安いもので往復75,000円程度。

エア・アジアXの運賃がいかに破格か分かりますね。

ですが、驚異的な低価格は、徹底したコスト削減により実現しているのです。

まず機種を絞り込み、パイロットの養成費用や機体整備のコストを削減。

座席の間隔を短くして座席数を増やし、一度に多くの客を運べるようにしているのです。

さらに、新聞や映画上映などのサービスはやめ、機内食や飲み物は有料となっています。

座席が狭いうえ、リクライニングができず、太った人向きではないとの指摘も。

そして、いろいろなサービスを足していったり、ホテルをとったり、いろんな場所を回るとなると、航空会社のパック旅行の方が安いケースもあるそうなのです。

本当にお得なのかは、トータルで考えましょう。

詳細はこちらでご確認ください。→ 格安航空に死角アリ!パック旅行が得なケースも
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None