コンゴ民主共和国国内で8月25日、小型旅客機が墜落して20人が死亡した事故で、客室内にワニが現れ、乗客がパニックになったことが原因だったことが分かったっそうです。

乗務していたのは経営者と英国人パイロットで、首都のキンシャサを飛び立ち、同国西部のバンドゥンドゥに向かっていたとのこと。

事故原因の調査で、同機に故障の形跡は見出せなかったそうです。

生存者によると、事故直前にワニが乗客の荷物から出てきたそうです。

客室内を歩き回り、乗客はパニックになり逃げ回ったので、機体のバランスが崩れて高度が下がってしまったとのことです。

同機は着陸態勢に入っており、滑走路の手前100メートルほどの場所にあった建物に接触して墜落。

墜落までは行かなくでも皆既日食で、乗客が一斉に片側の窓につめかけ飛行機が傾きヒヤリとさせる珍事が中国で起きています。

<皆既日食>飛行機傾く、乗客が片側の窓に殺到―中国

ワニが出てきたら、命がけで逃げるので、こんな怖いことになってしまったのでしょう。

詳細はこちらでご確認ください。→ 旅客機内にワニ…パニックでバランス失い墜落・20人死亡=コンゴ

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None