米司法省は、独占禁止法に基づきアメリカン・エキスプレスを提訴すると発表しました。

米司法省は、独占禁止法に基づきアメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>を提訴すると発表。

加盟店に対し、顧客が手数料の安い他社のクレジットカードを利用することを妨げる規則を適用していることなどを問題視したそうです。

ビザ<V.N>とマスターカード<MA.N>は、手数料が安いタイプのクレジットカードやデビットカードの利用者への割引の提供を加盟店に認めることに同意し、同省との和解に応じたそうです。

今回の訴訟はアメックスの重要な収益源に打撃を与え、カード処理事業の競争勢力図を塗り替える可能性があるそうです。

同社は加盟店に対し、クレジットカードの処理手続きで他社よりも高い手数料を課しているのです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 米司法省がアメックスを提訴、ビザとマスターカードは和解

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None