これは、本の紹介です。

『本田直之のハワイを極める50の法則』。

著者の本田さんは1年の半分をハワイで生活を送っているそうです。

いわゆるガイド本ではエリア別になっているのが多のですが、この本は50の法則を「心構え編」「初級編」「中級編」「上級編」の4つのパートに分けて紹介されています。

「心構え編」では文字通り出発前の心構えが書かれています。

時差ぼけで到着後のハワイ生活を無駄にしない方法や、「これをおさえておけば、ホノルルのドライブはある程度こと足りる」といった「8本の主要ルート」の紹介では、頭の中に地図を描くことができて便利です。

「初・中・上級編」は、料理のお店からフルーツやコーヒー、お酒、ファッション、お土産、ビーチ、サーフィン、ランニング、ドライブ、ミュージック、ラジオまで数多くのジャンルが網羅されています。

本書で言う数々の“失敗”も経た上での本田さんの実体験にもとづくおすすめ情報や楽しむ方法が紹介されています。

この本が発売されたのは去年の11月ですが、今も旅行コーナーの一番目立つところに平積みされているそうです。

本書に掲載されているお店の日本人率が急に上がっていたり、ディフューザーが売り切れなどで買いにくくなったり、そうした反響があるそうです

この本は、「著者は多くの知人から『本田さんの本の中でも、相当気合いを入れて作ってるのが伝わってくる』と言われるそうで、『ハワイはずっと本にしたかったから、ホントに気合い入ってるんだよ』とご本人も答えている」のだそうです。
本当に、読んでいると思い入れが伝わってきて、内容は決して「ゆるく」はありません。

ハワイの楽しみ方、味わい方まで読んだ後でハワイを訪れたなら、帰りの飛行機で『もう飽きた……』ではなく『また来たい!』という衝動にかられるはずです。

是非本屋さんで立ち読みしてください。
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None