アイルランドの格安航空会社ライアンエアのマイケル・オレアリー最高経営責任者が、新たな経費削減策として副操縦士を廃止してパイロット1人で運航する案を検討していることを知った同航空の機長が、対案を14日付けの英紙フィナンシャル・タイムズに寄稿したそうです。

オレアリー氏は、これまでにも機内トイレの有料化や太った搭乗客から追加料金を徴収する「肥満税」方式の料金体系など、ユニークな経費削減アイデアを打ち出し、話題になってきました。

しかし、副操縦士廃止は明らかに行き過ぎだと考えた同航空のベテランパイロット、モーガン・フィッシャー機長(41)はフィナンシャル・タイムズへの投稿で、ライアンエア利用客に格安で航空券を提供するための経費削減の必要性は理解しているとして、年収1万3200ユーロの見習い客室乗務員に最高経営責任者のポストを務めさせるという対案を示したそうです。

フィッシャー機長の試算では、CEOの給与や各種手当て、ストックオプションなど年間数百万ユーロの支出を削減できるということです。

これに対しオレアリー氏は同社広報を通じてフィナンシャル・タイムズ紙にコメントを寄せ、客室乗務員を訓練して副操縦士に仕立てることが可能だとすれば、彼らをCEOに仕立てることもできないはずはないと、いつものおどけた調子で説明し、「客室乗務員ならば、自分よりはるかに魅力的なCEOになるだろう」と認め、フィッシャー機長の提案を「真剣に検討する」と応じたそうです。

年収1万3200ユーロの見習い客室乗務員に最高経営責任者のポスト、若くて美人な客室乗務員が最高経営責任者のポストについたら話題になるでしょう。

実務は回りのスタッフで固めればそれはいいアイデアだと思いました。

広告宣伝費に換算すればすごい効果だと思います。

詳細はこちらでご確認ください。→ 格安航空ライアンエア、副操縦士廃止案に機長が対案 アイルランド

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None