どうせ海外に行くなら豪華な飛行機に乗りたいと思いますよね。

今や飛行機といえばA380の話題ばかりです。

ファーストクラスは今までの常識では考えられないほど豪華なのだそうですが、それは私にとっては無縁なので無視します。

ですが、機内にはクラス別のバーカウンターを合計6ヶ所設けているとのことで、たとえエコノミークラスでも違うみたいです。

日本発着路線では、シンガポール航空(SQ)が2008年5月に成田/シンガポール線にA380型機を投入。

昨日12日にはルフトハンザ・ドイツ航空(LH)が成田/フランクフルト線の導入。

エールフランス航空(AF)も9月2日、エアバスA380型機を成田/パリ線に投入するとのことです。

4機目のA380型機の受納が確定したことから導入を決定。

まずは成田発が月、木、土曜日の週3便から開始し、10月5日からはデイリー化するそうです。

AFがA380型機を投入するのは、2009年11月のニューヨーク、2010年2月のヨハネスブルグに続いて3都市目。

AFのA380型機は3クラス構成で、座席数は全538席。メインデッキにはファーストクラス9席、アッパーデッキにビジネスクラス80席、エコノミークラス449席はメインデッキに343席、アッパーデッキに106席配置。

機内にはクラス別のバーカウンターを合計6ヶ所設。

合計22名のフライトアテンダントが搭乗してサービスにあたるということです。

詳細はこちらでご確認ください。→ エールフランス航空もA380、成田/パリ線に9月から-世界3都市目 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None