エアバス社の総2階建て大型機、エアバスA380がヨーロッパ系の航空会社として初めて、ルフトハンザドイツ航空の成田―フランクフルト便に就航し、初フライトが本日朝、成田空港に到着しました。

同社は15機のA380を購入済みで、8月までにはフランクフルトと成田を結ぶ便はすべてA380に切り替わる予定だそうです。

エアバスA380はすでにシンガポール航空のシンガポール便が成田空港に就航しています。

2階からの搭乗に対応するため専用のゲートが必要で、成田空港では現在第1ターミナルに3カ所A380が駐機可能なゲートがあり、間もなく4つめのゲートが完成予定だそうです。

「フランクフルト・アム・マイン号」と名づけられたA380は定刻からやや遅れたがルフトハンザ社のヴォルフガング・マイヤーフーバー会長兼CEOをはじめほぼ満席の506人を乗せ着陸。

消防車が滑走路で歓迎の放水をし、空港や同社の関係者たちが見守るなか第1ターミナルの45番ゲートにやってきました。

ゲート前では、マイヤーフーバーCEOのほか片岡久志・成田空港長、エアバス・ジャパン社のグレン・S・フクシマ代表取締役社長兼CEOらが出席して式典が開かれ、フランクフルト便に乗り組む客室乗務員らが並ぶなかテープカットをして初フライトを祝ったそうです。

あいさつしたマイヤーフーバーCEOは「きょうは日本とドイツの航空産業にとってとても大切な日。A380の日本への就航は、日独両国の経済がしっかりしていることの証明でもある」とあいさつ。

49年前に初めてボーイング707でルフトハンザが日本に就航したときは途中で給油が必要だったと振り返り、今後も関西空港や中部国際空港など日本便を重視していくと話したそうです。

1機目のA380を成田便に投入したことについては、ビジネス・観光両面から充分に需要が見込まれることが日独両国ではっきりしていると強調。

日本とドイツ、そしてA380は「ハイテク・効率・世界的」という共通点がある、とのことです。

定員526人の客席に関しては、成田へのフライトでは特にエコノミークラスの乗客から好意的なコメントをたくさんもらえたそうです。

また、ファーストクラスの「世界一の静粛性」にも自信を見せたとのこと。

一方、羽田空港が10月に国際線専用の新ターミナルをオープンすることが決まり、大手航空会社の羽田への就航が次々決まっており、あいさつに立った片岡空港長は「日本の国際線の半数以上のフライトが成田便。発着回数も年間22万回に増えます」と懸命に成田空港をアピールしていたそうです。

フランクフルト号は満席の526人を乗せ、10時過ぎにフランクフルトへ向け離陸していったそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 2階建て大型機A380、成田からヨーロッパへ初フライト ルフトハンザ 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None