いよいよ日本~ヨーロッパ間にも世界最高級の総2階建て最新型旅客機エアバス「エアバスA380」が、ルフトハンザドイツ航空より就航しました。

アッパーデッキ(2階)に設けられる8席のファーストクラスのバスルームは、これが飛行機内のトイレですかって驚きのスペース! 

洗面化粧台をトイレとは独立させ、ゆったりと着替えなんかもできるように配慮されてるんだそうです。

これまでファーストクラスっていうと、セパレートに仕切られたコンパートメントのイメージでしたが、新たにルフトハンザが導入するのは、敢えてオープンエアな空間をカットしないデザインだそうです。

より開放感あふれる広がりでくつろげるとのファーストクラスユーザーからのフィードバックが得られているそうです。

ちなみに各シートは207×80cmのクラス最上級サイズのベッドになるほか、ロックつきのプライベートクローゼットまで装備されてます。

1度でいいから、こんなファーストクラスの空の旅を満喫してみたいですね。

詳細はこちらでご確認ください。→ 成田にやって来るよ! 超豪華仕様なルフトハンザの「エアバスA380」ファーストクラス
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None