3月に発表されたANAの今後2年間の成長戦略のポイントは大きく二つです。

今期の黒字化と、国際線拡大を軸とした成長戦略。

この数年の不況で、収入はピーク時から2700億円も減ています。

ANAはJALが経営破たんするような環境下でなんとか持ちこたえられたのは、一足早く2003年からホテルや不動産事業を売却するなど、事業の選択と集中を行ってきたことです。

これは、やはり経営者の先を見る力でしょう。

今期もコスト削減に力を入れ、どのような事業環境にも耐えうる体質を整えていくとのことです。

間接人員を1000人削減したり、労働時間延長を現場にお願いするなど、人件費もギリギリまで削り込むそうです。

一方で、今年は羽田国際化や成田の発着枠拡大などが行われる節目の年。ANAはいよいよ、国際線で打って出るそうです。

ただし、国際線の赤字がJAL(日本航空)を直撃したことからもわかるように、国際線はボラティリティ(変動リスク)が高いのです。

単なる拡大志向では利益ま出ません。

収益極大化を狙った緻密なマーケティング体制を整えるとともに、ATI(独占禁止法適用除外)を含め、スターアライアンス内でさらに協力関係を強化していかなければならないのです。

公的資金が入ったからには、平等な競争環境にしてもらわなければ困るから、意見は言わせてもらっているが、もうJALのことなんか構ってはいられないというのがANAの社長の本音だそうです。

ANAは「アジアナンバーワン」を目指すと公言しています。

このANAとJALの差は、やはり経営陣の差ではないでしょうか。

詳細はこちらでご確認ください。→ 全日本空輸(ANA)伊東信一郎社長「もうJALは見ていない。必ず黒字化して上を目指す」  

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None