デルタ航空機、トイレから不審な液体が見つかり成田空港に引き返したそうです!

17日午後6時50分ごろ、太平洋上を飛行中の成田発米国ミネアポリス行きデルタ航空620便ボーイング747―400型機(乗客乗員407人)で、トイレから不審な液体が見つかり乗客の男2人を拘束、緊急事態を宣言したそうです。

国土交通省成田空港事務所によると、同機は成田空港に引き返し、午後10時すぎに緊急着陸た。

乗客乗員にけが人はいなかったとのことです。

千葉県警成田空港署が液体を調べたところ、危険物ではなかったそうです。

拘束された男2人は自称中国人。同署が任意で事情を聴いたそうです。

同署によると、いずれも旅券を持っていないということでした。

2人は飛行中、機内の別々のトイレにこもっていたため、乗務員が鍵を開けて確認したところ、うち1カ所から不審な液体約1リットルの入ったポリ袋を発見。

機長は液体が危険物に当たると判断し、成田空港に引き返したそうです。

同署が簡易鑑定した結果、爆発物や有毒物ではないと判明。

2人は20歳と24歳と話しており、上海から米国に向かおうとしていたということです。

ですがそもそも液体は機内持ち込み禁止ですよね。

それなのに、なぞの中国人らしき人物がトイレで不審な液体を持っていたらやはり疑うと言うか怖いですね。

こういう記事を見ると全裸スキャナー、あってもいいのかなんて思ってしまいます。

私のような一般市民は、スキャナーで見られてもなんともなく、このように飛行機が空港に引き返えられる方がいやですから。

詳細はこちらでご確認ください。→ デルタ機飛行中に乗客拘束=「不審な液体」発見、引き返す―成田

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None