中国で急速に増えているプライベートジェット機、そのスチュワーデスの選抜コンテストが行われたそうです!

セレブやビジネスマン、政府の要人が個人的に使うプライベートジェット機、中国では“公務飛行機”と呼ばれています。

政府は去年辺りからこうした飛行機の外資参入や個人所有を奨励しているそうです。

昨年は中国大手航空会社の客室乗務員の試験に女性が殺到したようですが、こんどはこの公務飛行機に乗り込むスチュワーデスの選抜コンテストが先日、中国・寧波で行なわれたました。

なぜ採用試験ではなくコンテストなのかは不明ですがそこが中国なのでしょう。

コンテストの参加者は、福建、江蘇、江西、山東、浙江の6省の各予選で選ばれた60名です。

今回のコンテストではさらに全国大会に進むことができる10名を選出するそうです。

最終的に、全国大会で選ばれた10名が“公務飛行機”のスチュワーデスを務めることになるということです。

公務飛行機は航空サービスの中でも最高級のもので、乗組員も一般的な飛行機より高い資質が求められています。

コンテスト組織委員会の代表である森(とう・しん)氏は「公務飛行機のスチュワーデスは、一般的なサービスができるだけでなく、ビジネスマンにとって空の上の優秀な秘書である必要もある」と話しています。

世界的に見てプライベートジェット機が広く普及しているのは欧米ですが、中国でも急速に増えてます。

2017年までに中国は世界の12%にあたる5000機のニーズが見込まれ、今後10年間の売り上げ規模は155億ドルに上るとのことでする。

現在中国では、上海、北京、広州で公務飛行機専門のサービスが行なわれており、今後も各地に増えていくと見られています。

ネタ元は、こちらでご確認ください。→ 中国の熾烈なプライベートジェット客室乗務員試験 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None