キャセイパシフィック航空の旅客機が爆破予告を受けたため、2機のカナダ戦闘機の護衛を伴って目的地のバンクーバー国際空港に着陸するという事件が発生していました。

2010年5月15日に起きたそうですが、特に大きなニュースになっていなかったので気が付きませんでした。

カナダ現地メディアは同国国防省関係者の談話として、今月15日、香港からバンクーバーに向かうキャセイパシフィック航空838便が「爆弾をしかけた」との脅迫を受けたと伝えたそうです。

北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)の報道官によると、同司令部は情報入手後、すぐに戦闘機CF-182機を出動させ、護衛にあたった。

同機は現地時間午後1時40分にバンクーバー国際空港に無事着陸したとの事でした。

カナダのピーター・マッケイ国防相も事件について認めており、現在は王立カナダ騎馬警察が事件の詳細について調査にあたっているそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ キャセイ機に爆破予告、カナダ戦闘機の護衛で無事着陸―カナダ・バンクーバー

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None