メキシコからデトロイトへ向かうデルタ航空の飛行機で、カナダ人のカップルがパコと言う名の飼い犬を連れていたそうです。

搭乗前に二人はパコと同じ飛行機に乗るよう希望していました。

しかしデトロイトに到着してもパコの姿はなく、二人が問い合せると搭乗に間に合わずメキシコにまだ残されたままだと言う連絡を受けたのだそうです。

スーツケースではなく生きている愛犬なので、次の便で連れてきてくれるのかと心配だったと思います。

ところが翌日になっても、いつ到着するかわからない状態で、しばらく経ってからパコは檻を破り滑走路を走ってフェンスを通り抜けて行ったという目撃情報が得られたとのことでした。

デルタ空港側は、当初メキシコ空港に置き去りにされたと伝えていましたが、後に紛失したことを認めたそうです。

職員も何時間も辺りを探したけれど見つからなかったようです。

結局200ドルのクーポンチケットが慰謝料として支払われましたが、カップルの二人はパコを見つけ出そうと署名を集めています。

ペットを紛失すると言うのは飼い主にとって心が痛むでしょうが、飛行機の旅に慣れないペットが緊張のあまり逃げ出そうと試みるケースは結構あるとのことです。

ですがこのデルタ航空の対応、考えられないです。

昨日まで家族同様に過ごしてきたワンちゃん。それが200ドルのクーポンで済まされるはずがありません。

私も以前ワンちゃんかっていました。

初めて飼ったのは20年以上前で今はいません。

二子多摩川の東急ハンズで5,000円で雑種を売っていたのです。

それでかわいく思わず購入してしまったのですが、そのあと犬小屋やなんたらで数万円の出費。

さらに、病気になり獣医に入院したので20万円以上出費しました。

買った値段はで5,000円でしたが、命を買ったのでお金ではなくなっているのです。

それをクーポン券でおしまいなんて考えられないですね。

しかも2万円弱です。

それが20万円でも同様に納得いかないでしょうね。

詳細はこちらでご確認ください。→ どこ行っちゃったの?飛行機が紛失した荷物は…なんと愛犬だった

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None