日本の空港でも導入予定の全身透視スキャナですが、すでに導入済みの海外の空港ではいろいろな問題が起きているようです。

アメリカの空港ではついに暴力事件にまで発展したというニュースがあったようです。

場所はアメリカのマイアミ空港です。

これは空港のセキュリティに勤める職員同士でのもめ事だそうです。

普段はスキャンを見る側であるローランド・ネグリン氏の全身を見たこの同僚のヒューゴ・オソーノ氏は、彼の体のプライベートな部分が小さいとバカにし始め、数カ月それが続いたようです。

事情聴取によると、ネグリン氏は冗談としてとれなくなり我慢の限界に達したと供述しています。

ぶち切れた結果、オソーノ氏を無理やりひざまずかせて謝らせ、背中や腕を警備に使う棍棒で殴ったそうです。

すぐに逮捕され7500ドル(約69万円)の保釈金と暴行罪で起訴されたとのことです。

これは職員同士でのもんだいでしたが、このように問題になるほど見えてしまうのです。

このまま日本でも導入されると、空港の職員の話が週刊誌とかに出てしまう恐れもあり、有名人ほど気を使うようになるのでは。

詳細はこちらでご確認ください。→ NOTHING TO DO WITH ARBROATH 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None