全日空の会員制ウェブサイトに不正接続し、知人のマイレージポイントで勝手にネットショッピングをしたとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは28日、東京都町田市能ケ谷町、経営コンサルタント会社社長、山崎光春容疑者(52)を不正アクセス禁止法違反や電子計算機使用詐欺などの容疑で逮捕したと発表しました。

現行法は、ポイント会員になる際の本人確認を義務付けておらず、警視庁は山崎容疑者が他人に成り済まして買い物ができるシステムの盲点を突いたとみているそうです。

逮捕容疑は、08年6月17~18日、取引先の男性会社社長(52)のIDとパスワードを勝手に使い、全日空の会員制ウェブサイト「ANAマイレージクラブ」に不正アクセス。
インターネットで商品を購入したり旅行予約ができる楽天会員に社長名義で登録し、無断でマイル66万ポイント(66万円相当)を「楽天スーパーポイント」に移してだまし取ったと
している。山崎容疑者は詐取したポイントでプリンターや米沢牛など計77品(計約61万円相当)を購入していたそうです。

警視庁によると、会員がANAマイレージクラブに接続するには10ケタのIDと4ケタのパスワードの入力が必要。
山崎容疑者は社長を装い全日空に電話で問い合わせ、IDを聞き出していたと言う信じられない話です。

パスワードは社長の生年月日だったそうで、これはよくある事ですね。

楽天会員はメールアドレスと氏名などを入力すれば登録できるシステムだったので、これも飛んだ盲点でした。

全日空は電話でIDを伝えたことについて「以前は本人しか知り得ない情報を聞いた上で教えていたが、今回の不正が発覚した後は、電話の問い合わせには応じていない」としているそうです。

ANAマイレージクラブでは、搭乗距離やホテル宿泊などたまったマイレージポイントを楽天スーパーポイントと相互交換でき、楽天の各種サイトで1ポイントを1円で換算した分の買い物ができます。

楽天は本人確認の方法について「本人が氏名など正しい情報を入力することを規約で定めている」としているとのことです。

詳細はこちらでご確認ください。→ <不正接続>知人マイレージで買い物 全日空のサイト使い 

●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None