この4月から、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)のマイレージプログラムに異変が起きています。

驚くような特典が付くキャンペーンが連発されているのです。

今なら両社とも、普通運賃で搭乗した場合、通常のマイルと同数のボーナスマイルが付き、2倍のマイルを獲得できるキャンペーンが行われているのです。

さらにJALの場合、マイル獲得だけでなく、使うほうでもキャンペーンが展開されています。

「ディスカウントマイル」と名づけて、通常より少ないマイル数で搭乗できるサービスが提供されています。

東京~沖縄間(普通席・往復)のチケットを手に入れるのに必要なマイル数は通常1万5000マイルですが、キャンペーン期間中なら1万 2000マイルです。

両社とも、無理を承知で顧客争奪戦をしているそうです。

背景には、JALの破綻による、マイレージ会員の奪い合いがあるとか。

JALの経営危機が本格化した昨年秋以降、ANAのマイレージ新規会員数、そしてANAカード(クレジットカード)の新規会員数が前年比 1.5~2倍近い勢いで伸ているそうです。

一方のJALのマイレージ新規会員数は同期間低迷。

特に、会社更生法適用申請をした1月、そして2月は新規会員数が激減したそうです。

このようなことから顧客数を増やしたいANAと、なんとか顧客離れを食い止めたいJALの一騎打ちとなっているのだそうです。

これはもっとエスカレートして欲しいですね。

詳しくはこちらでご確認ください。→ JALとANAの会員争奪 大盤振る舞いで消耗戦に 
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None