今年は3D元年!3D映画に、3Dテレビ、3Dゲーム、そして今度は最新の3D印刷技術を駆使した新しい100ドル紙幣が発表されました。

アメリカが発表した新しい100ドル札は、偽造防止のために国の威信をかけて、技術の粋が至るところにちりばめられているそうです。

新100ドル紙幣は、中央に「セキュリティーリボン」と呼ばれる青い線が走っているのが特徴で、紙幣を傾けると、リボンの上で数字が動く仕掛けとなっているそうです

また帯の右にはインクつぼが描かれ、紙幣を傾けると、つぼの中に赤褐色から緑色に色が変わる鐘が現れたり消えたりするそうです。

百ドル札は、一般に流通する米ドル紙幣の最高額で、クレジットカードが普及する米国ではあまり使用されていませんが国外では最も流通しているそうです。

精巧な偽札も出回っており、偽造組織にとっては打撃となりそうですね。

新100ドル紙幣の発行は14年ぶりで、2011年2月から流通が始まるそうです。

早く見てみたいですね。



詳細はこちらでご確認ください。→ 新百ドル紙幣の図案公表 ハイテク技術で偽造防止
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None