オーストラリアで行われた国際線の満足度調査で、シンガポール航空が首位となったそうです。

一方、最も満足度が低かったのは、英ブリティッシュ・エアウェイズのオーストラリア・英国路線。

消費者支援団体チョイスが約9000人の会員を対象に行った同調査では、最近利用した国際線について、料金や機内サービス、座席の快適さ、足回りのゆとり、機内食の質、チェックインの手続きなどについて、満足度を尋ねた結果です。

シンガポール航空は、オーストラリア人に最も人気の高い海外渡航先11カ国・地域で1位のエアラインに選ばれました。

英国への渡航では、経営破たんした日本航空(JAL)が、シンガポール航空に次いで2位に選ばれたそうです。

自国のカンタス航空は、料金や機内サービスでの評価が低かったそうです。

詳細はこちらでご確認ください。→ 国際線の満足度、シンガポール航空が首位に=豪調査   
●記事が参考になりましたら、ランキングの応援を。
 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 ブログランキングならblogram


 カテゴリ
 タグ
None